ビジネスフォンに変わる、「 クラウドPBX 」とは?

「 クラウドPBX 」は提供する会社によって価格や機能、汎用性が大きく異なります。

「 クラウドPBX 」を選ぶ際に注意したい点についてご紹介します。

「 クラウドPBX 」は提供する会社によって価格や機能、汎用性が大きく異なります。

「 クラウドPBX 」を選ぶ際に注意したい点についてご紹介します。

「 クラウドPBX 」は提供する会社によって価格や機能、汎用性が大きく異なります。

「 クラウドPBX 」を選ぶ際に注意したい点についてご紹介します。

「 クラウドPBX 」は提供する会社によって価格や機能、汎用性が大きく異なります。

「 クラウドPBX 」を選ぶ際に注意したい点についてご紹介します。

「 クラウドPBX 」は提供する会社によって価格や機能、汎用性が大きく異なります。

「 クラウドPBX 」を選ぶ際に注意したい点についてご紹介します。

法人個人問わず、事業などで電話を利用する際に電話機を複数台で利用するためには、ビジネスフォンと主装置(PBX)が必要です。
ビジネスフォンとは電話を利用する所在地に主装置(PBX)を置き、そこから電話線を張り巡らし、つながっている電話機を内線として制御する電話システムです。同じ主装置につながっている電話機にはそれぞれ内線番号が割当られ制御できます。

従来型のビジネスフォンでできること

従来型のビジネスフォンを導入することで主にできることは以下になります。

・同じ主装置につながっている内線間(電話機間)での内線通話(無料通話)
・着信した電話を別の内線に転送する
・着信する際のルールを決めて、ルールに応じて決められた内線を着信させる
・時間を指定して音声アナウンスを流す

従来型のビジネスフォンのデメリット

・主装置やビジネスフォンの購入費用が高額
・電話線が必要で配線が増えてしまうのと工事費が高額
・着信ルールの変更やレイアウト変更でも業者による工事が必要で保守費用が高額・同じ主装置につながっている電話機しか内線として制御できない
・故障や停電時につながらなくなってしまう

ビジネスフォンのデメリットをなくすクラウドPBXとは

上記のようにこれまでのビジネスフォンには価格面や保守面での問題がありました。そこで現在は従来型のビジネスフォンに変わるクラウドPBXが主流となっています。
クラウドPBXとは、これまで高額で購入し工事の上で社内に置かなければならなかった主装置(PBX)を、クラウド上に構成した新しい電話システムです。高額な主装置の購入や電話線の工事の必要がないのでリーズナブルに導入が可能です。
従来型のビジネスフォンが、社内に置かれている主装置に電話線で物理的につながっている電話機しか内線として制御できなかった仕様に変わり、インターネット経由でクラウド上の主装置とつながることで、インターネットにつながるスマートフォンや電話機(※1 SIP電話機)、PCを内線として制御できるようになります。

※1 SIP電話機とはLANケーブルで接続するタイプの電話機です。

クラウドPBXでできること

・インターネット経由でクラウド上の主装置とつながる端末(スマホや電話機、PC)を内線とできる
・場所に縛られず、離れた拠点や出先でもインターネット経由で同じ電話番号で発着信できる
・従来型のビジネスフォンで利用できる機能は基本的に同じように利用できる
・サービスによってはクラウドならではの便利機能が利用できる

このように、ビジネスフォンはクラウド化することでコストを下げ、より便利に利用することができるようになっています。ビジネスフォンの導入やリプレイスを検討中の場合、クラウドPBXでの導入をおすすめします。

関連記事

  1. テレワークでクラウドPBX

    テレワーク(在宅勤務)で活用できる「 クラウドPBX 」を比較

  2. クラウドPBX注意点

    どんな事業者には注意が必要?失敗しないためのクラウドPBXの比較時の注意点

  3. クラウドPBX失敗

    クラウドPBXの失敗例、失敗しないための注意点とは

  4. クラウドPBX比較

    【最新】失敗しないための「 クラウドPBX 」の比較と選び方

  5. 「 クラウドPBX 」を比較し、選ぶ際の注意点

  6. クラウドPBX電話番号

    【注意】「 クラウドPBX 」によって使える電話番号は違う